術式とコストについて|劇的な人生の幕開け|二重整形なら大塚美容外科がおすすめ

劇的な人生の幕開け|二重整形なら大塚美容外科がおすすめ

ウーマン

術式とコストについて

バスト

3つの施術法

美容クリニックで行われる豊胸術には、脂肪注入法、シリコンバック法、ヒアルロン酸豊胸の3つのパターンが主流です。脂肪注入法は、1.5カップ程度のサイズアップに効果的で、見た目や感触が自然であること、傷がほとんどないこと、左右の大きさの微調整が効くことがメリットとなります。通常は、ご自身の太ももから脂肪吸引を行って、それを胸に注入しますから、下半身太りを気にしている方には一石二鳥の方法となります。一方で、細身で体に無駄な脂肪がほとんどないという方には、シリコンバック法やヒアルロン酸による豊胸術が効果的です。シリコンバック法のメリットは、形が壊れる心配がないことや、より大きなサイズアップを求める方に適している点が挙げられます。それに対し、ヒアルロン酸豊胸は、手軽さとダウンタイムの少なさで人気を集めており、加えて注入量を調整することが可能なメリットがあります。現在では、プチ豊胸術とも言われるヒアルロン酸豊胸が主流となっており、多くの美容外科で利用者が増えています。

コストパフォーマンス

シリコンバックを用いれば、永続的にバストの形をキープできますが、豊胸術のうち注入系の施術の場合、いずれは体に吸収されます。具体的には、ヒアルロン酸は約3ヶ月〜半年程度、脂肪注入による方法も原則として数年間で体内で代謝されます。したがって、特に、ヒアルロン酸を用いた場合には、定期的に通院が必要となり、長期的な視野をもってコストパフォーマンスを検討する必要があります。つまり、ヒアルロン酸での豊胸術を検討しているのであれば、ヒアルロン酸10ccあたりの価格も比較することが大切です。また、少しでも安く施術を受けたい方は、モニター価格で受ければ3割程度の割引が効くケースが多くなりますから、検討してみましょう。