気になる場所のほくろ|劇的な人生の幕開け|二重整形なら大塚美容外科がおすすめ

劇的な人生の幕開け|二重整形なら大塚美容外科がおすすめ

ウーマン

気になる場所のほくろ

婦人

ほくろは、皮膚のメラサイトと呼ばれる細胞が集結したもので、その場所だけ皮膚が黒くなっています。ほくろそのものは身体に対して悪影響を与えるものではありませんが、大きく目立つものや場所によってはコンプレックスになるものです。このためほくろ除去も行われています。ほくろ除去は病院で受けることができますが、診療科としては皮膚科や美容外科の範疇に入ります。美容外科で行われるものとしては炭酸ガスレーザーや、切除縫合、くり抜き、高周波メスや電気メス、凍結療法、Qスイッチングレーザーなどがあります。いずれにしてもほくろとなっている細胞にダメージを与えて色素を破壊するか、物理的に除去するかの2つになります。また色が薄くて小さいものであれば、ほくろ除去クリームを使うといった手段もあります。

そもそもほくろは、メラニン色素を含む細胞が皮膚の一部に高い密度で集まって出来たものです。ほくろの特徴としては、皮膚に対して出っ張りがなくまた身体に影響を与えないので良性腫瘍という扱いになります。ほくろそのものはほとんどの人が持っているもので、年月とともにゆうくりと移動したり、急にほくろが大きくなるといったものがあります。基本的には良性腫瘍ですので無理にほくろ除去を行う必要がありませんが、気になる場所にある場合には美容外科などで除去することが可能です。またほくろ除去は大きなもので切除法の場合には健康保険の対象になりますが治癒までに時間が掛かりますが、レーザー治療は小さいほくろ除去に限定されますが、傷跡も目立たないといったメリットがあります。また仕上がりを気にするのであれば美容外科でほくろ除去を希望した方が無難です。